アーカイブ :2020年05月12日 瑠璃色と翠色と琥珀色と...
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

瑠璃色と翠色と琥珀色と...

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アビーの初七日 

今日はアビーの初七日です。

土曜日に入院の清算と、アビーの入院時の詳しい話を伺うため夫婦で動物病院を訪ねました。
我が家はかかりつけの動物病院が2つあります。
休診日に体調を崩すことが多いので、休診日が違う2つの病院で診て頂いていました。



通院時の記録や日常の画像を見ても、眼の傷で受診した直後からの衰弱に、原因に思い当たることがありません。
2つの病院の主治医の先生に確認しましたが、血液検査の数値は酷いが、エコーとレントゲンでは心臓や内蔵疾患はなにも問題はない。 
急死に至るほどの原因はわからず、アビーの状態に応じたケアをして回復状態に合わせて特定するための検査を進める予定だったとのこと。
なので急激な衰弱により、心肺停止という事実しかわからないため、直接的な死因は不明との回答でした。


死因もわからず、衰弱による心肺停止。という事実だけ。
何もなくて「突然死」と聞かされても、愕然として気持がついて行きません。

理由もなく、死んでしまうなんて、ありえないです。

なにか納得できる理由が欲しいです。
もともと体が弱かったとか、心臓や内臓に先天性の奇形などがあったとか、重篤になるほどの病歴や疾患があったとか。
ドリーのように進行が早い癌で、積極的な治療や手術ができず逝ってしまったとか、そんな理由があれば納得もできます。
でもアビーの死因は、不明なんです。



ママのユキちゃんとアビーの兄妹の同胎仔猫たち 実家のパパさんに以前頂いた画像です
ユキママとアビーたち(2010.09.25)



海外留学で日本を離れたとか、外国にお嫁に行ったとかとは違いますから、突然誘拐されて行方がわからないような感覚です。
当然、個別火葬で見送っていますのでそれとは違いますが、感覚的にはそのような感じなんです。

これから先、頭にも心にも、疑問として抱えていくことになるのでしょうか。






にほんブログ村 猫ブログへ

おきてがみ  100%猫。(猫親戚探し)

置き手紙のコメントは現在使えない状態です!(T▽T) 
コメント欄から用件の連絡をお願します (コメント欄の非公開に ☑ を忘れずに )
右サイドバーのメールフォームのご利用をお願いします d( ̄∇ ̄;)

| 未分類 | 22:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |