瑠璃色と翠色と琥珀色と...
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

瑠璃色と翠色と琥珀色と...

≫ EDIT

アビーのペット保険、契約消滅

アビーが居なくなって、早三週間です。(三七日忌)
加入していた2社のペット保険は、アビーの死亡により契約が消滅となりました。
2社それぞれから書面が届きました。


アビーのペット保険消滅通知




ドリーが旅立ってから、大きな医療費がカバー出来るようにと加入しました。
契約内容は2社ともほぼ変わりません。
A社は契約後に他社と契約するのは問題ないが、先に他社の契約がある場合は加入できない。
A社の加入を希望する場合は、他社の契約は解約しなければ加入できない保険会社です。

B社は他社契約については不問でした。
アビーは加入時の年齢は10歳。
通院、入院、手術費用のカバー70%の契約に加入しました。

お腹が緩む、目のトラブル等の通院でも、請求すれば2社で100%をカバーできます。
ペット保険は人間の生命保険とは違い、個々にMAXの70%の保障が受けられるものではありません。
A社で先に請求し70%の医療費を保証して貰ったら、B社も審査を受けた後に残りをカバーして貰えます。
なので、合計して100%となります。


今回のアビーは、突然死の症状の経緯については時系列で説明できますが、死亡の原因は不明です。
入院させた後、病院で何を使ってケアしたか、血液検査、エコー、レントゲンの結果については、担当した医師からも説明を受けました。
心臓や内臓については特に問題が見当たらない。
その場合、考えられることはホルモン系か、脳にトラブルが起きているなどの可能性が考えられる。
原因を探るため入院が長くなるかもしれないと、聞かされ飼い主として長期入院の覚悟はできていました。
アビーの苦痛や体の負担が少ないことが最優先。
自宅で過ごすより、ICUでケアして頂く方が最善と信じてアビーを預けました。

入院させた5月4日(月)、心配停止となったのが5月6日(水)の9:30頃。
すぐに心臓マッサージをしてくださいましたが、残念ながら蘇生は叶いませんでした。
結局、死因は今もわかりません。
心臓や内臓疾患もない、わかっているのは血液検査の数値がめちやくちゃだと告げられた事実だけです。

保険請求も病名は記載することが出来ず、時系列の経緯を書くことしか出来ません。
保険会社より聞き取りがあれば、担当の先生が説明して下さるので、そちらはお任せするしかないのです。



在りし日のアビー (PEACH JOHN Beauty 春号カタログモデル)
2020.05.26 PJ☆-1bb

2020.05.26 PJ☆-2b




このような状態で保険会社2社に、対象の猫が原因が特定できないまま突然死で死亡したことを連絡。
そしてアビーの保険契約は、消滅手続きが完了となりました。

A社は保険料が月払いだったので、カード払いの請求は止めたとのこと。
年払いのB社は該当5月までの契約となるため、先払い分を指定口座に返金されました。







にほんブログ村 猫ブログへ

おきてがみ  100%猫。(猫親戚探し)

置き手紙のコメントは現在使えない状態です!(T▽T) 
コメント欄から用件の連絡をお願します (コメント欄の非公開に ☑ を忘れずに )
右サイドバーのメールフォームのご利用をお願いします d( ̄∇ ̄;)

| 未分類 | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アビーのうちわ (^^@)

横浜だけでなく、全国的に変な天気が続いています。
空模様も妙ですが、細かい地震も起きて気持が悪いというかこれだけ続くと怖いですね。


寒暖の差が激しくて、お供えのお花が持ちません。( ̄~ ̄;)ウーン
アレンジにするつもりでしたが、枯れるのが早いと思いますので、花瓶に投げ入れたままでお供えしています。

今まではお花が大好きなアビーが食べてしまうので、フィルムをしたままでしたがもうその心配もなく。(・・。)
むしろ食べやすいようにフィルムは取ってお供えします。


祭壇1

20.05.19 祭壇2





蒸し暑いので、TICA・ASIA REGONA AWARDのアビーのお祝いに頂いた、 “アビーのうちわ” もお供えしています。
友人がアビーを描いた1点物です。(^^@)


2010-2011 TICA・ASIA REGONA AWARD 用のカタログ写真(2011.08.11)
20.05.19 2010-2011 TICA・ASIA REGONA AWARD 用のカタログ写真(2011.08.11).jpg

TICA ASIA REGIONAL AWARDS PARTY
2012-2013 TICA ASIA REGIONAL AWARDS PARTY (2013.09.08)



友人のmamu-ta画伯が、うちわに描いてくれたアビーちゃんのイラスト♪
アビーのうちわ1(2013.09.14)

アビーのうちわ2(2013.09.14)



うちわのアビーは、マーメードらしいのですが、、、

アビーのうちわ3(2013.09.14)



なぜ、うつぼをとっ捕まえているのでしょうね。ゞ( ̄m ̄*)プッ






にほんブログ村 猫ブログへ

おきてがみ  100%猫。(猫親戚探し)

置き手紙のコメントは現在使えない状態です!(T▽T) 
コメント欄から用件の連絡をお願します (コメント欄の非公開に ☑ を忘れずに )
右サイドバーのメールフォームのご利用をお願いします d( ̄∇ ̄;)

| 未分類 | 23:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アビーの初七日 

今日はアビーの初七日です。

土曜日に入院の清算と、アビーの入院時の詳しい話を伺うため夫婦で動物病院を訪ねました。
我が家はかかりつけの動物病院が2つあります。
休診日に体調を崩すことが多いので、休診日が違う2つの病院で診て頂いていました。



通院時の記録や日常の画像を見ても、眼の傷で受診した直後からの衰弱に、原因に思い当たることがありません。
2つの病院の主治医の先生に確認しましたが、血液検査の数値は酷いが、エコーとレントゲンでは心臓や内蔵疾患はなにも問題はない。 
急死に至るほどの原因はわからず、アビーの状態に応じたケアをして回復状態に合わせて特定するための検査を進める予定だったとのこと。
なので急激な衰弱により、心肺停止という事実しかわからないため、直接的な死因は不明との回答でした。


死因もわからず、衰弱による心肺停止。という事実だけ。
何もなくて「突然死」と聞かされても、愕然として気持がついて行きません。

理由もなく、死んでしまうなんて、ありえないです。

なにか納得できる理由が欲しいです。
もともと体が弱かったとか、心臓や内臓に先天性の奇形などがあったとか、重篤になるほどの病歴や疾患があったとか。
ドリーのように進行が早い癌で、積極的な治療や手術ができず逝ってしまったとか、そんな理由があれば納得もできます。
でもアビーの死因は、不明なんです。



ママのユキちゃんとアビーの兄妹の同胎仔猫たち 実家のパパさんに以前頂いた画像です
ユキママとアビーたち(2010.09.25)



海外留学で日本を離れたとか、外国にお嫁に行ったとかとは違いますから、突然誘拐されて行方がわからないような感覚です。
当然、個別火葬で見送っていますのでそれとは違いますが、感覚的にはそのような感じなんです。

これから先、頭にも心にも、疑問として抱えていくことになるのでしょうか。






にほんブログ村 猫ブログへ

おきてがみ  100%猫。(猫親戚探し)

置き手紙のコメントは現在使えない状態です!(T▽T) 
コメント欄から用件の連絡をお願します (コメント欄の非公開に ☑ を忘れずに )
右サイドバーのメールフォームのご利用をお願いします d( ̄∇ ̄;)

| 未分類 | 22:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT